眼精疲労|こじま眼科 戸塚 横浜市泉区

〒245-0004
神奈川県横浜市泉区領家3-2-4
山手台IKプラザ101

共有駐車場19台

眼精疲労

眼精疲労とは

眼精疲労

眼精疲労とは、目を使う作業を続けることを原因として、目の疲れや痛みなどの症状に加えて、頭痛や肩こりなどの全身症状も呈するようになる状態を指します。
眼精疲労は、屈折異常(近視、遠視など)やドライアイなど目の病気や、目とは関係のない全身の病気の一症状として発症することもあります。近年では、パソコンやスマートフォンなどを用いて長時間コンピューター業務を行う機会も多く、VDT症候群(Visual Display Terminals症候群)の一環として眼精疲労を発症する方も増えてきています。

眼精疲労の治療法

眼精疲労の原因は眼の病気、全身の病気、環境因子など多岐に渡るため、原因を同定して原因に対しての直接的なアプローチが必要になります。たとえば、近視や遠視、乱視といった屈折異常をベースとして眼精疲労が発症していると考えられる場合には、眼鏡やコンタクトレンズを用いて視力矯正を行うほか、屈折矯正手術が検討されることもあります。

ディスプレイを用いた生活スタイルが原因となって、眼精疲労を発症することも近年では多いです。長時間パソコン業務に従事するのではなく、適宜休息を挟みながら眼を酷使しすぎないようにすることが重要です。適切な照明環境や姿勢保持なども重要です。
眼精疲労では対症療法的な薬物治療が行われることもあります。具体的には点眼薬の使用、漢方の内服薬などが検討されます。