花粉症|こじま眼科 戸塚 横浜市泉区|アレルギー

文字の大きさ

駐車場19台

〒245-0004 神奈川県横浜市泉区領家3-2-4 山手台IKプラザ101

TEL:045-392-3210

花粉症

20分でわかるアレルギー検査

スギ花粉やダニ、犬や猫のフケなど、私たちが吸い込んでしまう可能性のあるアレルゲン(アレルギーの原因物質)に反応する抗体に「IgE」があります。このIgE抗体が体の中に存在するかどうかを調べる検査です。この検査を行えば、症状を悪化させている原因を特定することができ、その原因への対策を打てば、薬物療法と併せてより高い治療効果が望めます。検査では、指先から採血し、結果が出るまでの約20分間お待ちいただければ、受診なさったその日のうちに結果が出ます。

当院では20分で結果がわかるアレルギー検査キットを導入しています

アレルギー検査キットのイメージ

アレルギー疾患の治療の基本は原因抗原除去・回避と薬物療法です。当院ではアレルギーの迅速検査を実施しています。この検査では、アレルギーの原因となる主なアレルゲン8項目について、反応の有無がわかります。

検査で測定できるアレルゲン

この検査で測定できるアレルゲンは下表の8種類です。

ハウスダスト系 ヤケヒョウダニ、ゴキブリ、猫、犬
花粉系 スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ

アレルギー検査の流れ

アレルギー検査キットのイメージ
  1. STEP1 指先から採血を行います。
  2. STEP2 結果が出るまで、約20分間お待ちください。
  3. STEP3 医師と一緒に結果を確認し、治療方針を決めます。

指先から少量の血液を採取し、20分待てばその場で結果がわかります。再来院の必要がなく、お子さんでも泣くことはほとんどなく安心して検査を受けていただくことができます。

注射を使わずに行うアレルギー検査です

こんな方が検査に適しています

  • 今日じゅうに結果を知りたい方
  • 忙しくて、再度のご来院が困難な方
  • 注射がにが手な方
  • 就学前のお子さん
  • 今までに一度もアレルギー検査を受けたことが無い方
  • 何に対するアレルギーかを知りたい方

花粉症について

スギ花粉のイメージ

花粉症とその症状

花粉症とは、スギやヒノキなど植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状を引き起こす疾患です。花粉症の症状は、立て続けに何回も出るくしゃみ、透明でサラサラした鼻水、両側の鼻づまり、目の痒みなどが代表的です。微熱は出ても、高熱にはならないのも特徴的です。

花粉症の初期療法

本来、病気の治療は症状が出てから行うのが原則です。しかし、花粉症の場合には症状が出る前からの治療が認められています。花粉症が飛び始める少し前(2週間くらい前)から、薬による花粉症の初期療法を始めておくと、症状の発症を遅らせ、花粉シーズン中の症状を和らげる効果が期待できます。

花粉症の治療

花粉症治療のベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の内服薬で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを軽くする効果があります。指示通りにきちんと飲み続けることが大切です。症状が軽かったりしても、自己判断で飲むのをやめないようにしましょう。とにかく症状が出たら早めに受診し、症状に合った治療を始めることが大切です。

生活上のセルフケア

外出時の注意点
  • メガネやマスク、スカーフなどをうまく活用し、花粉の侵入を防ぎましょう。
  • 花粉が付着しやすいので、ウールなどの衣類は身に着けないようにしましょう。
  • 晴れた日や風の強い日は花粉が飛散しやすいので、できれば外出を控えましょう。
帰宅時の注意点
  • 玄関に入る前に、衣類についた花粉を払い落としましょう。
  • 手洗いや洗顔、うがいを行い、花粉を洗い流しましょう。
室内での注意点
  • 外干しの洗濯物は、花粉を払い落としてから部屋に取り込みましょう。
  • 花粉飛散量の多い日は、窓やドアを閉め、花粉の侵入を防ぎましょう。
  • 部屋の掃除をまめに行うようにしましょう。
日頃の体調管理
  • 睡眠を十分にとって、体調を整えるようにしましょう。
  • ストレスを上手に発散し、溜め込まないようにしましょう。
  • 喫煙や過ぎた飲酒などは控えましょう。